引っ越し業者の依頼で確認すること

引っ越し業者は荷物を搬送している最中に破損させてしまったときに備え、運送業者貨物賠償責任保険に加入しています。それによってもし引っ越しの荷物を破損してしまった場合にも、賠償責任を負うことが出来るのです。上限が1000万ほどの保険に加入していることがほとんどです。しかし中には適切な保険に加入していない場合もあります。依頼する前にどのような内容の保険に加入しているのか、しっかりと確認し、説明を受けましょう。免責になるケースもありますので、事前に知っておかなくてはなりません。


<引越荷物運送保険>

これは引っ越し業者がかける保険ではなく、自分自身が運送業者貨物賠償責任保険ではカバーできないと考えたときに、別途で加入する保険です。大事な荷物を引っ越し業者に依頼しなければならないときなどに検討しましょう。大手の引っ越し業者は保険の代理店業務も行っていますので、自分にあったプランの提案も可能です。宝石や宝飾品、貴金属、美術品、骨董品などは、運送業者貨物賠償責任保険ではなかなか補償できるものではありません。 見積もりの段階で、そういったことも含めて話を聞いておくべきです。きちんとした説明ができないようであれば、その業者は避けるべきかもしれません。