引っ越しの作法

現代社会において隣人や近所同士の人間関係は希薄になりつつあると言われています、しかしそんな現代だからこそ、引っ越しの際には住んでいた家を離れる時も、また新しい住居に越していく時もマナーや配慮といった作法が必要となります。


引っ越しと挨拶のタイミング

引っ越しの際には最低でも住んでいた家の大家さんや管理人さんと、新しい家の大家さんや管理人さんへの挨拶は不可欠となります。前者の場合は今までお世話になった旨や引越し当日にどたばたする事へのお詫びを忘れずに、また新居ではこれからお世話になりますといった内容を伝えましょう。もちろんお世話になった近隣の方や、これからお世話になる近隣の方へも挨拶したほうが良いでしょう。前住居での挨拶はなるべく引っ越し前日より以前に、引っ越した先での挨拶は可能な限り当日に済ませるのがよいでしょう。


より気持ち良く新居で暮らす為に

また引っ越しした先で近隣の方と上手く暮らしていく為にはいくつかの配慮が必要です。例えば挨拶の際には高いものである必要はないので、ちょっとした贈り物を持って行くとよいでしょう。また作業の時間帯や規模は出来る限り邪魔や迷惑のかかりにくい場所や時間を選びましょう。あと引越しでは何かと梱包材などゴミが出てくるものです。各自治体のルールにきちんとしたがって初日からごみ出しが出来るように心がけましょう。