引っ越し先を選択するのに一番適した時期とは

会社も学校も新しい年度に入る時期である4月は新入生や新入社員として新しいメンバーが増える時期です。新しい環境に身を置くために地元からその学校や会社がある地域に引っ越しをする方もとても多くいらっしゃいます。ですがその時期に合わせて引越しをするとなると良い業者や良い引っ越し先はすぐに埋まってしまい自分にとって良い引っ越しが出来ないという場合があります。

そこで今回はそんな時期を見越して自分にとって条件の良い物件を見つけるために動きたいおすすめの時期についてご紹介致します。


引っ越し先の物件は秋冬に見るのがベスト

4月からの新生活に向けて自分の新しい部屋に引っ越しを完了しなければならないということはそれまでに業者を頼み荷物の移動をしなければならず、引っ越し後の荷解きや新生活への準備を行うとなると2月までにはある程度新居の目途を立てなければなりません。そこで良い物件を探すのに一番適している時期としては9月から11月にかけての秋冬がとてもおすすめとなります。何故秋冬がおすすめなのかと言うと受験シーズン真っ盛りであり企業も年末年始に向けて忙しくなるため引越し先を探す方がとても減るからです。そして1月から新年度向けに新しい物件を用意する時期でもあるため今まで案内されたことがない新規の物件を見ることも可能になります。新学期や新年度に関係なく引っ越ししたいという方は冬がおすすめです。冬は寒い時期になるとあって引越し作業をしながらない方も多く手をこまねいている業者の方に自分の都合に合わせた日を指定することも簡単になるのです。


不動産会社も1月から3月は書き入れ時

引越しが多くなる1月から3月は不動産会社も引越し業者もフルに動く時期なのでとても忙しく、沢山のお客様を相手にするためじっくり時間をかけて相談をするということが難しくなってしまいます。不動産会社はお客様を一組ずつ物件に案内するため時間もかかりとても大変です。一組に案内出来る物件も1~2件となるため気になる案件の中から更に見たい案件を絞らなければならず他の日に調整をするのも一苦労です。
そこで9月から11月の少しずらした時期に不動産会社に行くことで自分達の持ち時間を増やしじっくりと物件を探すことが出来るのです。時間がない場合は見学出来る時間も限られていますが時間に余裕がある時期はその物件を気が済むまでチェックすることが出来るのでより安心して新居の契約をすることが可能になります。

人が物件を探す時期に合わせずわざと時期をずらして自分に一番合った物件を見つけられるようにしましょう。

お世話になった単身引っ越し業者

転勤の多い単身では度々引っ越しがあるので、経験豊富な信頼のおける引っ越し業者に荷物の引取りから部屋掃除まで任せられる業者が好ましい。荷物の整理が苦手で、引っ越しの準備のための時間的余裕も取れない時に、助かるのが事前の打ち合わせをしっかりやる事で、引っ越し荷物の梱包、持ち出しを立会無しでやってくれる引っ越し業者の対応です。今回の引っ越しは同じ都内であったので、地域密着型の引っ越し業者にすべてをお任せし、自分は荷物を引き揚げた後の大家さんへの引き渡しのための、部屋の状態確認だけ全ての処理を終えることが出来ました。

<良心的な引っ越し料金>

全てをお任せした関係で引っ越し料金が気になりましたが、見積時の値段と変わらず思っていた以上に安く上がったのでほんとうに助かりました。見積業者に確認すると、荷物がそれほど多くなかったのでトラック積載容量を小さくした関係で、料金が安く設定できたとの事で、細かい引っ越し業者の配慮には感謝あるのみです。

<信頼のおける業者>

頻繁に引っ越しの機会がある人は、一度利用して信頼が開けると判断した場合は、次の機会も同じ業者を利用することがお勧めです。大切な生活用品を預けるので、おなじみの業者であれば、お互いの信頼の上に立って物事が進むので、安心してお任せすることができます。

引っ越し業者の依頼で確認すること

引っ越し業者は荷物を搬送している最中に破損させてしまったときに備え、運送業者貨物賠償責任保険に加入しています。それによってもし引っ越しの荷物を破損してしまった場合にも、賠償責任を負うことが出来るのです。上限が1000万ほどの保険に加入していることがほとんどです。しかし中には適切な保険に加入していない場合もあります。依頼する前にどのような内容の保険に加入しているのか、しっかりと確認し、説明を受けましょう。免責になるケースもありますので、事前に知っておかなくてはなりません。


<引越荷物運送保険>

これは引っ越し業者がかける保険ではなく、自分自身が運送業者貨物賠償責任保険ではカバーできないと考えたときに、別途で加入する保険です。大事な荷物を引っ越し業者に依頼しなければならないときなどに検討しましょう。大手の引っ越し業者は保険の代理店業務も行っていますので、自分にあったプランの提案も可能です。宝石や宝飾品、貴金属、美術品、骨董品などは、運送業者貨物賠償責任保険ではなかなか補償できるものではありません。 見積もりの段階で、そういったことも含めて話を聞いておくべきです。きちんとした説明ができないようであれば、その業者は避けるべきかもしれません。

引っ越しされる際に大切なこと

引っ越しをされる時には多くの方が業者の方にお願いしているかと思いますが、忘れてはいけない大切なことがあります。
それは、スタッフの方々への気遣いや配慮だと思うのですが、実際に引っ越しをされた方は出来ましたでしょうか?
心づけを渡すのか渡さないかで、ご自分に対する相手の印象が変わってくるかと思うのです。
これは自由なので、強制的ではありませんから気になった方や何かお礼をしたいと考えている方に向けてお話しています。


引っ越し業者の方への心遣いを忘れずに

もし心づけをお渡しする際には、作業員一人当たり千円が一般的だと言われています。
作業の前かその後に作業員のリーダーにお渡しするのが良いと言われていますので、お考えの方は参考にしていただければと思います。
また、ジュースやお茶の差し入れをしてあげるのも良いのだそうですよ。
もし、自分が逆の立場だったらやっぱり嬉しいですよね。
ジュースなどの差し入れくらいでしたら、比較的簡単に出来る方法だと思いますので良いかと思います。


感謝の気持ちを忘れないで

引っ越しの作業が全て終了した後には、しっかり挨拶をされた方が印象も良いかと思いますよ。
感謝の気持ちを伝えるには、やっぱり口に出さなければ伝わらないかと思いますので、言われた方が良いかと思います。
もし、ご自分が逆の立場だったら・・・と考えて行動されるのが良いかと思います。

やっぱり安心。大手の引っ越し業者

引っ越しを自分でやろうと思うと、考えただけでも労力と時間が必要です。重い家具はそうすればいいのか?細かい物はどのように詰めれば効率的か、大きな家具を部屋か出すにはどうしたらいいのか?など考えただけでも悩んでしまうことがたくさんあります。そこで引っ越し業者にお願いすれば、それらの悩みは全部吹き飛んでしまいます。


<引っ越し業者に依頼するメリット>

引っ越し業者は重い家具でもしっかりと、傷つけずに運んでくれます。貴重品や割れ物もていねいに梱包してくれます。そういった材料や道具も取り揃えてあるので、作業時間も早いです。段取りもいいので、迅速な引っ越しができます。


<大手の引っ越し業者に依頼するメリット>

大手なら人手も車も数は多いです。引っ越しが重なる時期などでも安心して依頼することができます。また経験を積んだスタッフが多いので、引っ越しがスムーズに行われます。研修制度もしっかりしているので、新人でもスムーズに作業を行うことができます。研修の成果は応対にも優れていて、明るく、親切でていねいな態度はとても好感が持てます。ご近所など周囲への気配りもしてくれるので、気持ちよく引っ越しができるのが、大手のいいところです。

引っ越しを利用して物を処分

引っ越しの時に出来る事は、家を変えることだけでは無いというのをご存知ですか?キレイな賃貸や一戸建てへ不要な物をそのまま持ち込もうと考える方は少ないので、多くの方が引っ越しをする時に不要な物を処分したり古くなり使えなくなった家電や家具を新しく購入したりしているのですが、この行動は住む場所を変えるという事を利用して不要な物を片付けしているとも言えます。

引っ越しと物の処分

同じ家に住み続けていると、ついつい壊れて使えなくなった物があったとしても中々「処分する」という行動に移せない事があり、空いている収納にしまいこんでしまっている方は意外と多いのではないかと思います。そういった中々物を処分できない方も、出来れば新しい家に壊れて使えなくなった物を持ち込みたくないという思いはお持ちなので、中々行動に移せなかった「処分」という行動が引っ越しをきっかけに行う方が多いと思います。不要な物を処分すれば、運ぶ荷物も減らす事が出来ますし新しく済む家で余分なスペースを取る事もありません。普段出来ない行動を起こすいいきっかけになることもあり、家がキレイになるだけでなく心まで新しくキレイな気持ちにしてくれる事があります。ながら処分は思った以上に大胆な処分をする事が出来きます。

参考リンク:引っ越し業者の検索ちゃん

ペットの引っ越しを考える

何度もするわけではありませんが、人生に一度は経験するのが引っ越しです。人だけでも大変なものですが、ペットにとっても荷物の移動や、住居が変わる場合は、大きなストレスになります。ペットを連れた引っ越しで気を付けたいことをご紹介します。


できれば新居のそばのペットホテルなどへ

犬や猫は環境の変化に敏感です。また嗅覚、聴覚ともに人間の何倍も優れています。新居の近くにペットホテルがある場合、できるのなら預けて引っ越し作業が終わってから迎えにいってあげましょう。無理な場合は、キャリーに入れた状態で、お風呂場など密室に閉じ込めます。音を遮断すること、パニックなどに陥ってしまって脱走するというトラブルを防ぐ目的もあります。たくさんの人が出入りするので、動物も興奮してしまうのです。移動のときも、キャリーからは絶対に出さないようにしましょう。


新居でも作業員が帰るまではキャリーに

ドアを開けっ放しで、搬入を行いますので、一緒にいる場合はキャリーから出さないようにしましょう。新居ではエアコンなどが利用できるかなども確認して、なるべく風通しのいいところにキャリーのまま隔離してあげることが一番です。もしも車などに入れておくのであれば、車のエアコンは絶対につけておきましょう。特に夏場は脱水や熱中症になりやすくなります。

引っ越しは「大手」だけじゃない

引っ越しを行う時には、「CMや広告でよく見かける」という理由だけで大手の引っ越し業者を選んでいると、損をしている事もありえます。何につけても、しっかり比較して交渉する。このステップを踏む事で引っ越し費用を大幅に抑える事も夢ではありません。


業者選びのコツ

業者選びでは安易に名前の聞いたことがある「大手」だけを集めるのはナンセンスです。地元に根差したサービスを行っている業者や中小業者の方が、知名度がない分サービスや料金で大手業者をしのぐ場合もあるのです。しかし、最大のサービス、最安値の料金をうまく引き出すには、こちら側の交渉力がものをいいます。しかし、引っ越しに慣れているなんていう方はそうそういません。まずは、ノウハウや知識の多い方から情報を集めてみるのもいいでしょう。


引っ越しは訪問見積が大事です

勿論、大手の引っ越し業者はスタッフ教育が一流である為、アルバイトでもきちっとしたサービスが提供できるという事で評判です。しかし、土地勘があった方が効率良く作業を進められたりするメリットもあるので十分に吟味しましょう。見積はネットだけではなく、いくつかの業者から必ず訪問見積を取り、交渉も兼ねましょう。また、明細を記載していない場合は、その場で内容を確認しておく事も重要なステップです。

引っ越し前に準備しておくこと

新しい家が決まったら、次は引っ越しの準備です。当日になって慌てないように、用意しておきたいもの、覚えておきたいことなど役立つ情報をご紹介!


引っ越しまえに済ませておきたいこと。

引っ越し当日や、そのあとしばらくは荷物の整理などでバタバタと忙しくなり他のことに手が付けられなくなります。そこで引っ越しの前にできることは、なるべく済ませておきましょう。たとえば、電気やガス、水道などの手続きは、事前に済ませておくことが出来ますので、時間を作ってまとめてやっておきましょう。また、住所を変更したときには、役所へ届出をして、免許証などの書き換えを行わなければなりません。原則としては、引っ越してから2間以内に手続きを済ませることになっているので、余裕があるうちにやっておかないと面倒になります。


見積もりが一番大事

引っ越しにかかる費用の見積もりは、業者によって違います。できる限り、たくさんの業者に見積もってもらうのが理想ですが、時間の関係もあると思いますので、事前に口コミ情報などで調べた2~3社に絞っておくことをオススメします。同じ内容でも、料金が大きく違うということもありますので、なるべく節約がしたいという人は、この過程は怠らないようにしましょう。

引っ越しの作法

現代社会において隣人や近所同士の人間関係は希薄になりつつあると言われています、しかしそんな現代だからこそ、引っ越しの際には住んでいた家を離れる時も、また新しい住居に越していく時もマナーや配慮といった作法が必要となります。


引っ越しと挨拶のタイミング

引っ越しの際には最低でも住んでいた家の大家さんや管理人さんと、新しい家の大家さんや管理人さんへの挨拶は不可欠となります。前者の場合は今までお世話になった旨や引越し当日にどたばたする事へのお詫びを忘れずに、また新居ではこれからお世話になりますといった内容を伝えましょう。もちろんお世話になった近隣の方や、これからお世話になる近隣の方へも挨拶したほうが良いでしょう。前住居での挨拶はなるべく引っ越し前日より以前に、引っ越した先での挨拶は可能な限り当日に済ませるのがよいでしょう。


より気持ち良く新居で暮らす為に

また引っ越しした先で近隣の方と上手く暮らしていく為にはいくつかの配慮が必要です。例えば挨拶の際には高いものである必要はないので、ちょっとした贈り物を持って行くとよいでしょう。また作業の時間帯や規模は出来る限り邪魔や迷惑のかかりにくい場所や時間を選びましょう。あと引越しでは何かと梱包材などゴミが出てくるものです。各自治体のルールにきちんとしたがって初日からごみ出しが出来るように心がけましょう。

引っ越し業者を1社に絞る

引っ越し業者をネット上で挙げて、またさらに訪問業者を絞った後は最終的な一社を選んでいく事になるのですが、この時のポイントをレクチャーしていきます。訪問見積で残っているのはサービスで納得のいく業者、もしくは費用の安い業者が残っているはずです。最適な引っ越し業者はどのようにして選べばよいのでしょうか。


最後の一社に絞る方法

最良の一社を選ぶ為にはサービス内容の徹底的な比較が必要です。基本的にはサービス範囲の大小が費用に影響しているはずですので、まずは基本的事項(最低限条件)と自分が重要とするポイントがカバーされたサービス内容であるかを確認していきましょう。


引っ越し業者訪問見積時の交渉

訪問見積の時には、トラブル発生時の対応やクレーム窓口など細かく聞いておくと良いでしょう。また、当日発生する料金の有無はよく確認しておきましょう。引っ越し経験の浅い方は、当日利用したサービスが有料オプションである事を知らずに利用してしまう事もあるようです。また、気に入った業者さんの見積はまだまだ安くなる可能性があります。積極的に料金の交渉に取り組んでみましょう。大抵の場合、訪問見積営業の方も交渉される事を見越して、最低価格を裏で準備している事がほとんどなのです。

引っ越し業者を上手に比較

お得に引っ越しする為には業者を上手に比較する事が一番大事です。まずは、大手業者、小規模業者、地域密着型業者など様々なタイプから気になる引っ越し業者を選んでいきましょう。


訪問見積業者を絞る

徹底的に費用を抑えたいのか、荷造りから家具配置までお願いしたいのかで比較プランも変わってくるので、まずは自分の引っ越しスタイルを明確にしておきましょう。その後、ネット上の見積サイトなどを利用して見積を出していきます。最終的には、4~5社を選んで訪問見積の申込をしていきます。


引っ越し業者とシーズン

訪問見積を行う時必ず確認しておきたい事があります。有料オプションと無料オプションの確認です。また、どのような時に追加料金が発生するのかを聞いておきましょう。時間歩合制の業者さんは、時間を延ばす為にゆっくり作業するスタッフもいるのでそのような事はないか確認しましょう。また、見積の際に交渉力があると費用を抑えられたり、低価格でワンランク上のサービスが受けられたりする事もあるようです。「いくつかの業者さんから、見積をとっているのですが」というような感じで競争を煽る方もいらっしゃるようです。

訪問見積引っ越し業者の絞り方

ネット上の見積サイトで引っ越し業者比較した後は、訪問見積をお願いするサイトを選んでいく訳ですが、この時絞り込む業者は4~5社が理想的と言われています。絞込む時のコツはどういったものがあるのでしょうか。


訪問見積業者を絞る

業者さんを絞り込む時には、タイプごとに絞ると比較しやすいと言われています。例えば大手、地域密着型、低価格な小規模業者という風に分類して各2、3社候補を出していく方法です。この方法を利用すると、自分の引っ越しニーズだとどの規模が適しているのか分かってきます。また、訪問見積の時に詳しくサービス内容を確認しておく事でサービスと料金の違いがわかってきます。サービスの共通対価がわかってくると、比較基準が明確になってくるのでオススメです。


引っ越し業者とシーズン

業者の見積は、飛行機運賃のようにシーズンがあるので変動するのが特徴です。引っ越しのシーズンは春と秋、という風に言われています。春と秋は、入学と転勤シーズンと被っている事が理由です。引っ越しに余裕があるのであればシーズンをずらす事で引っ越し費用も安くなる上、家賃や仲介費用も安く抑える事ができるようです。